けいめい近況 10/26

【四季折々】〜けいめい近況〜  二十四節気では「霜降(そうこう)10月23日頃」早朝に霜が降りはじめる頃で、やがて晩秋を迎え、北の方では朝霜が降り、山々は紅葉に染まる時期、とのこと。

過ごしやすい日が続いたのも束の間で、もう寒さが目立ってきたようにも思います。秋ってこんなに短かったんでしたっけ?病院の周りでも秋の彩りから冬の装いへと移っていくのでしょう。

田んぼや畑の多い土地ですので、自然から季節を教えてもらうことが多いように思います。このけいめい記念病院のある国富町の町の花は「コスモス」です。町内のあちこちで、のどかに咲いている風景が見かけられます。首が細くて長いコスモスが風に揺れる姿に秋の深まりとちょっとした寂しさを感じます。




また、春からせっせと育ってきた稲たちも、今年は台風の影響も少なく、たくさんの稲穂を実らせて、収穫されていきました。院内食でも当院のお米はこだわりの食材として楽しんでいただいています。品種から炊き方まで美味しくいただけるよう愛情込めて提供いたします。

季節変わりの体調にもお気をつけて、温かくしてお過ごしくださいませ。




26回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示