けいめい近況 4/4

【四季折々】〜けいめい近況〜  二十四節気では「清明(せいめい)4月4日頃」「清明(せいめい)とは万物が清らかで生き生きとした様子を表した「清浄明潔」という言葉を訳した季語。花が咲き、蝶が舞い、空は青く澄み渡り、爽やかな風が吹く頃、とのこと。

本日、4月の職員の全体朝礼が行われ、金丸院長からの新年度に向けての挨拶や、新入社員の辞令交付式が行われました。草木が華麗に咲き広がる中、気持ちを新たに明るく思いやりを持って新年度を送りたいと思います。




病院内には患者様からのご意見や感謝のお言葉をいただく投書箱がありますが、そのから一通、お手紙をご紹介させていただきたいと思います。


匿名 原文まま 『お礼 あばらぼねをいためて雨ふり来院した時 長く体調悪くし買物行ってないので ここの自動販売機でパンを買うのがなによりの楽しみなので いたいけど買いたいと思って千円札を入れようとするけど なかなか思うように出来なく困っていたら けんさの受付の方かな?やさしい声で してあげましょうか と言って 私のこのみのパンを手さげに入れていただいた 時はうれしくてかんしゃかんしゃの気持で むねいっぱいになりました 本当に


有がとうございました 又受付では坐っている所までおつりなどを持って きていただいて 又やさしい方にであってありがたいなあと思いながら タクシーに電話して外に出ようと思ってドアの所まで 行ったら入口のかたが 中で待っていなさい 車がきたら声をかけますからと しんせつに言っていただきました

本当に今日はなんていい日なんだろう いたくてたまらないけど皆さんのあたたかさ、しんせつに していただいたことを思いながらがんばっていこうと 思いながら病院をあとにしました 本当に有がとうございました 今はいたみもおかげ様でおさまっています

乱文乱字ですみません ただうれしくてお礼をいいたくて 長く買物してないのでノート用紙ですみません』


とのお手紙をいただきました。わざわざ書いてお礼をお伝えいただいたことに深く感謝いたします。また、院長からの言葉にもあったように、今は大変な時期ではありますが一人ひとりの患者様のことを想像しながら思いやりを持って接していきたいと思います。

閲覧数:68回0件のコメント

最新記事

すべて表示