●入院リハビリについて
 入院の患者様で医師によりリハビリが必要と診断された時点よりリハビリが開始されます。また、リハビリを目的とした転院の受け入れも相談に応じて行われます。
地域包括ケア病棟のリハビリについて

 「地域包括ケア病棟」とは急性期の治療を終了し、小慈雨が安定した患者様に対して在宅復帰に向けて医療管理、リハビリ、退院支援など効率的かつ密度の高い医療を提供するための病棟(病床)です。

 

 けいめい記念病院は地域包括ケア病棟の基準に基づいてリハビリが行われています。入院患者様には十分な対応が行えるよう担当のリハビリ療法士が配置されます。各患者様の状態や目的に合わせて、医師の指示のもと病院内・外のスタッフとの連携が行われスムーズな安心して退院いただける病院を目指しています。

対象の患者様

 1、急性期の診療(骨折・各手術・肺炎等)後も退院を目指したリハビリテーションが

   必要な方。

 2、入院による治療にて状態は改善したが、経過観察が必要になる方。

 3、在宅復帰に向けて療養準備が必要な方
 4、短期的な療養、およびレスパイトが必要な方(医療行為が必要で、

   福祉介護施設でのショートステイが受けられない方)

チームサポート

 在宅復帰をスムーズに行うために、「在宅復帰支援計画書」「リハビリテーション総合実施計画書」を作成し、主治医・看護師・リハビリスタッフ・メディカルソーシャルワーカー等が協力して、効率的に患者様のリハビリや在宅復帰支援を行います。

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Pinterest Icon
  • White Instagram Icon